iPhoneの画面をパソコンに映そう
その名はAirPlay@ぎゅわんです


以前からそういった機能があることは知ってましたが、Apple製品(Mac、AppleTVなど)が対応してるぐらいで(Windowsで実現するために、わざわざ)有料のアプリを購入してまでやりたいと思わなかったんですが、無料でできるソフトを見つけたので早速試してみました。
ソフトは「LonelyScreen」というもので、下記のサイトで紹介されています。

窓の杜:iOS端末の画像をデスクトップへ出力する“AirPlay”のレシーバー「LonelyScreen」

上記ソフトをインストールして起動してから、AirPlayの設定をONにすると、こんな感じで


パソコンにiPhoneの画面を映し出す事ができます。
もちろんゲームなども表示できるので



マインクラフトもバッチリ。iPhoneのゲーム音もパソコンから出ており、音ズレがあるかどうか動画を再生してみましたが強い違和感はなかったので、動画を大画面で出すこともできるわけですな。

こういったAirPlayのソフトって有料ばかりだったんですが、このソフトは無料だったので試しに入れてみたんだけどなかなか快適で気に入りました。
これがあれば、ニコ生でiPhoneソフトを実況したりできるかな…多分。

みなさんも興味があったらぜひやってみてください。


 
| iPhone関連 | 20:22 | - | trackbacks(0) | -
知らない間に製品登録?
うーん…漏れたのかな@ぎゅわんです


ネットで本日「iPhone5の一部に、電源ボタンに不具合がある」というニュースが流れた。
製品はシリアル番号で検索をかけた後、修理手配をするよう案内が流れたので早速私の管理端末の2台を検索した結果、1台が該当した。
所有者である家族に連絡を取り、俺のApple IDをチェックして購入登録してある一覧を開いたら

あなたは11月末と3月中旬にiPhone5sを購入して製品登録をしました

という表示が出てきた。
…は(´・ω・`)?と思って一覧をチェックしたら、買ったことのないiPod nanoとかまで登録されてる始末。7台しか登録してないのに10台登録されてる?ってことで、ちょっと怖いのでパスワードを変更。あとで別のパスワードを1から作ってもう一度変更します。

2段階認証って手もあるんだけど、家族で共用してるのでこれは使えない。
こんな事になるとは…。

ひとまず明日Appleのサポートに連絡をして、登録した端末を削除するしかないですね。
しっかし…登録した人は故障したらどうするつもりなんだろう?修理手配もできないんじゃ(ΦωΦ;)?







 
| iPhone関連 | 20:20 | - | trackbacks(0) | -
【まとめ】iPhone5sって、iPhone5と何が違うの?
おそらくすぐに手に入れるのは無理@ぎゅわんです。


えーっと、先日Appleが最新のiPhoneを発表しました。今年は中継が無かった為、ニコ生で日本語解説してくれるサイトに張り付いてました。
先にいくつか注意点があります。

1)下記の情報は、ネットにある情報を私のほうでまとめました。もし違う点がありましたらお教えください
2)iPhone5cは13日から予約開始!ですが、iPhone5sは予約をしない!

というわけで、ここで「iPhone5s」のまとめをしておきます。
参考元:
http://www.gizmodo.jp/2013/09/iphone_5s_27.html
http://www.appbank.net/2013/09/11/iphone-news/665561.php


【機能、スペックなど概略】
・画面はiPhone5と同じサイズ(パネルが同じかどうかは未確定)
・デザインもiPhone5とほぼ同じ
・寸法、重量はiPhone5と同じ(ケースも同一だと思われる)
・カメラは、レンズが(F/2.4→2.2へ)明るくなり、センサー感度が上昇(画素数は同一)
・720pの120fpsによるスローモーション動画撮影可能
・バッテリー持続時間はiPhone5と同じ
・CPUがA7へ。64bit化
・色は3色
    シルバー
    スペースグレイ
    ゴールド
・指紋認証センサー搭載
・モーションセンサー関連専用のM7コプロセッサ搭載
・予想されていた128GBモデルは投入無し



【1,処理速度上昇】
http://www.gizmodo.jp/2013/09/a764bitiphone4056iphone_5s.html

CPUが、A6からA7に変更。
今までは32bit処理だったA6から、64bitのA7に変更された。
(Appleによると)スマホで64bitは初!とのこと。
iPhone5と比較して、2倍の性能向上を実現!
当然、32bit互換が搭載されているので、今までの32bitアプリはすべて動作可能。
OpenGL ES 3.0対応!(3Dグラフィック処理が良くなった)


【2,指紋認証搭載】
http://www.appbank.net/2013/09/11/iphone-news/665224.php
↑動画あり

Appleは、この指紋認証を「Touch ID」と呼ぶことにしたようです。
以前から言われていた指紋認証が、ようやく搭載されました。
ホームボタンの周りに金属製のリングが付き、ロック解除をする時指紋も読み取ってくれるので、今までのように番号を打つ必要がなくなります。
アプリの購入時に入れるApple IDのパスワードにも対応しているらしいので、今後はパスワードを入れる手間が省けますね。

なお、指は複数登録可能で、指紋情報はデバイス内に保存される。よってAppleが指紋情報をiCloudなどに保管はできず、アプリやその他のiOS側で指紋情報にアクセスすることも不可能!とのことです。

センサーは360度どの角度でもOKなので、本体を横に持っても縦に持っても正しく認識してくれるようです。
Touch IDは、使えば使うほど制度が高くなるとのことなので、じゃんじゃん使いましょう!。


【3,カメラ】
画素数はiPhone5と同じ800万画素。だが、センサーを15%広くしてレンズの明るさをf/2.2にしたことで、よりたくさんの光を取り込むことができるようになりました。
カメラは大幅に変更になり、

1)静止画の連続バーストモード(1秒間に10連写できる)
2)静止画の手ぶれ補正(4枚を撮影し、合成する)
3)LEDライトも、色温度を感じ取って(1000パターンの)フラッシュを光らせる事ができ、より自然な色の撮影が可能。
4)ビデオ撮影は、フルHD(1080p)で30fps(iPhone5と同じ)
5)HD画質(720p)にて120fpsでの動画撮影が可能になりました
    ↑撮影した一部をスローモーションに編集したりもできる?ようです。
6)動画撮影中に3倍ズームができるようになった(おそらくデジタルズーム)
7)オートフォーカス速度も最大2倍に!



【4, M7って何?】
http://www.appbank.net/2013/09/11/iphone-news/665286.php

Appleのサイトやネットの情報を見てると「M7コプロセッサ」という文字が目に入ります。
このM7とは、モーションセンサー、加速度計、シャイロスコープといったセンサー部分の処理を行う部品のようです。
今までと違い、本体の状態をM7コプロセッサが感じ取り「Wi-Fiの電波を探さない」とかいった処理を判断し、CPUであるA7に指示を出すようです。
これにより、バッテリー持続時間を伸ばしたりしてるのでしょう。


【5,本体色について】
さて、今回は真っ黒!という本体がなくなりました。
これはあくまでも予想ですが、去年iPhone5発売当初「購入したばかりなのにすでに傷がついてる」といったクレームに対応するためのものだと思われます。
今回の黒も、グレーに近い色になっているようです。


【6,入る電波について】
これが一番重要な情報になります。
docomoが販売開始したことで、いよいよ客の争奪戦になりそうなんですが、入る電波に若干の差があります。
参考元:
http://www.gizmodo.jp/2013/09/iphone_5s5cau800mhz.html
http://www.apple.com/iphone/LTE/
http://japanese.engadget.com/2013/09/10/iphone-5s-5c-lte-au/

docomo        800MHz(バンド19、LTE)
            2100MHz(バンド1)
            1800MHz(バンド?、LTEとして東海地方で免許を取得済み?)
au            800MHz(バンド18、LTE)
            2100MHz(バンド1)
            
SoftBank    900MHz(バンド9、LTEでのサービス開始は2014年夏)
            1800MHz(バンド3、イーモバイルの1.7GHzのLTE)
            2100MHz(バンド1)


あくまで噂ですが、docomoが今までiPhoneを導入しなかったのは「800MHz帯に対応してなかったから」という話です。
auはそれを見越して4sから導入しましたが、現在2.1GHz帯のみで散々な目にあってますね。
docomoはユーザー数が多いだけに、800MHz対応を待っていた?!らしいです。

なお、SoftBankが現在サービスしている「AXGP(SoftBank 4G)」(TD-LTE方式、バンド41)は、対応が見送られました。


【その他注意事項】
大事なことを最後に書くダメなライターです。

1)docomoは、販売当初一部の店舗のみでしかiPhoneを取り扱わない
http://www.gizmodo.jp/2013/09/iphone_539.html
これは、おそらくiPhoneの使い方などをマスターした人が居ないからだと思われます。

2)iPhone5sの初回出荷台数は世界で300万台?
去年、iPhone5の時もそうでしたがどうやら出荷台数はあまりない(iPhone5cは数がある?)ようです。
日本に入ってくるのが何万台なのか?そして年内に手にできるのか?すぐに欲しい!と思ってもイライラせずに待ちましょう。

3)AppleCare+の値上がり
http://www.appbank.net/2013/09/11/iphone-news/664930.php
AppleCare+とは、Appleで販売しているサポート延長サービス。
iPhoneを購入する時に1万円払ってこのサービスに入っておくと

1)電話サポートを90日から2年に延長
2)本体修理も1年から2年に延長
3)水没、落下などの故障にも対応してて
3)故障した際(通常は数万円する修理費を、最大2回まで)4400円の実費で本体を修理してくれる

できるというこのサービス。
今までは、故障した時4400円払うと本体を修理(という名の交換)してくれましたが、今回から7800円に値上がりしてました。
まぁ、落とさなきゃいいだけの話なんですがね(´・ω・`)不運なことに、iPhoneは初回の本体にはなんらかの不具合があったりすることが多いので、注意してください。




以上!長くなりましたが、何かの参考までに!私の覚書でした。

| iPhone関連 | 19:42 | - | trackbacks(0) | -
SoftBankのハイスピード通信エリアを確認しよう

iPhone4Sを予約していない人も@ぎゅわんです。


iPhone研究室:SoftBankで予約した人は、ハイスピードエリアを確認してワクワクしながらiPhone 4Sの発売日を待とう

マップが公開されているとは知らなかった。自分の行動範囲がハイスピードに対応しているか確認してみてください。

〓SoftBank サービスエリア

都心では利用者が多くなるので、どうしてもスピードが出にくくなると思いますが…でも意外と対応エリアが広くてビックリしました。
auとSoftBankで迷っている人、SoftBankをすでに予約した人は要チェック!

| iPhone関連 | 14:45 | - | trackbacks(0) | -
【SoftBankは14.4Mbps】auは、下り3.1Mbpsしか出ない!

iPhone4Sについて追加情報@ぎゅわんです。


SoftBankの孫正義さんのtwitterから。
twitter 孫正義

はい。
RT @xthexsunx これ本当⁉
iPhone4S
<SoftBank版>
下り最大14.4Mbps
上り最大5.76Mbps
<au版>
下り最大3.1Mbps
上り最大1.8Mbps

auは、ダウンロード速度が1/4以下しか出ないらしい。
実行速度がどれぐらい違うのかわかりませんが、これは要チェックなポイントですぞ!


| iPhone関連 | 16:34 | - | trackbacks(0) | -
| 1/8PAGES | >>
Amazon
ネギ、振ってます
SEARCH THIS SITE.

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS