Frame数→時間換算のExcel関数について
Excel先生の力を借りる@ぎゅわんです


チャプターを付加するとき、フレーム数から時間を割り出すとき私は下記のサイトをよく利用してました。

Frame数→時間換算 - 寝込み屋蔵

Google先生で検索してもトップに出てくる、とても便利なサイトです。
フレーム数をカンマ区切りでコピペして貼り付けると、チャプター切りに必要な時間をリストアップしてくれますが、ひとつ面倒なことがありまして。
上記サイトで出力された時間表示は…

20578    0:11,26.620

で、俺が使ってる「mp4chaps.exe」で使用する時間表記は

00:11:26.620

なんですね。
なので、これまで上記サイトで出力されたテキストから「先頭にあるフレーム数を削除」と「時間表記を合わせるために:を書き換えて先頭に0を追加する」という作業を手で(もちろん置換で)修正していました。
これがほんと面倒で、Excelあたりでできないものかと色々試行錯誤した結果、なんとか関数が完成しました。

結論からいうと

=TEXT(INT(A2/(60*60*29.97)),"00")&TEXT(INT(MOD(A2,60*60*29.97)/(60*29.97)),":00")&TEXT(INT(MOD(A2,60*29.97)/29.97),":00.")&TEXT(ROUND((MOD(A2,60*29.97)/29.97-TRUNC(MOD(A2,60*29.97)/29.97))*1000),"000")

これをExcelのセルにコピペすると(A2に入ってるフレーム数を)時間に変更してくれます。
事務系の仕事を辞めて10年になり、Officeもすでに手元に無いので、無償のソフトLibreOfficeを使用して動作確認をしましたが、難しい関数は一切使用してないのでExcelでも問題なく動作します。

ちなみに、上記テキスト内に書かれている「29.97」というのがfpsですので、書き換えれば他のfpsでも使えます。
これで楽になるわ…早く作ればよかった。


 
| パソコン関連メモ | 16:34 | - | trackbacks(0) | -
常時安全セキュリティ24のインストールでエラー
ようやくインストールできた@ぎゅわんです


うちはNiftyというプロバイダーを使っています。
特にこだわってるわけでもないんですが、今のところ不自由してないんで変えてないんですが、セキュリティソフトとしてNiftyが提供している「常時安全セキュリティ24(中身はカスペルスキー)」というサービスを利用してます。

ところが、先日Windowsを再インストールしたらこの常時安全セキュリティ24がインストールできなくなりました。
インストールすると
:初回インストール時
  インストールに失敗しました。(-1)(01-13-145)

:追加インストールを実行したところ
  利用登録の確認ができませんでした。
  しばらくしてから、再度お試しください。(01-01-022)

というエラーが出てしまい全然インストールできない。
Niftyのサポートにメールして対策を教えてもらったところ標準ブラウザをInternetExplorerに変更することで無事インストールできました。
GoogleChromeは、現在拡張機能を外部からインストールできない仕様になったので都合が悪かったんでしょうかね?。

ちなみに常時安全セキュリティ24のインストールに失敗した場合は、専用ソフトを2段階踏まないときちんと削除できないらしい。
最後に(個人的メモとして)記載しておきます。
ほんとやれやれだわ。


<<削除方法>>
----------------------------------------------------------------------
●セキュリティ24のアンインストール方法
----------------------------------------------------------------------
1.下記アドレスを開きます。

 ■セキュリティ24 アシスタントツールをダウンロードする
 http://secdist.nifty.com/sec24/installer/s24setup.exe

2.「このファイルを実行または保存しますか?」で、[ 保存 ]を選択します。

3.「名前を付けて保存」画面が表示されますので、「保存する場所」をデスク
 トップに変更し、[ 保存 ]をクリックします。

4.デスクトップに保存した[ s24setup.exe ]を実行します。

5.画面左側の[ アンインストール ]をクリックします。

6.確認画面が表示されますので、[ はい ]を選択し、アンインストールを開始
 します。

7.アンインストール完了後、必ずパソコンを再起動してください。

----------------------------------------------------------------------
●セキュリティ24の強制削除方法
----------------------------------------------------------------------
1.Internet Explorerを起動し、アドレス欄に以下のURLを入力します。

 ■常時安全セキュリティ24サポート用ツール
 http://www.nifty.com/sec24/tools

2.「セキュリティ24削除ツール Ver.7 以降用」の[ s24uninstall_v7.exe ]
 をクリックし、ダウンロードします。

3.「ユーザーアカウント制御」画面が表示されますので、[ はい ]をクリッ
 クします。

4.「ご利用規約」が表示されますので、「同意する」にチェックし[ 次へ ]
 をクリックします。

5.「常時安全セキュリティ24 アンインストーラー」が起動されますので、
 [ はい ]をクリックします。

 ※セキュリティ24が起動中の場合は、終了を求められますため、[ はい ]
  をクリックします。

 ※Internet Explorerの終了を求める画面が表示された場合は、[ はい ]
  をクリックします。

5.「Kaspersky Lab Products Remover」画面が表示されますので、[ Accept ]
 をクリックします。

6.「Kaspersky Lab Products Remover ver 1.0.570」の画面が表示されますの
 で、上段の入力欄に表示されている文字列(8文字)を入力し[ Remove ]
 をクリックします。

 ※矢印のマークをクリックすると、別の文字列が表示されます。

 ※プルダウンで選択項目が表示される場合は「Nift Security24 Internet
  Security 2013」をご選択ください。

7.「Remove operation finished,you need to reboot your computer」が表示
 されましたら、[ OK ]をクリックします。

8.アンインストールが完了すると「再起動が必要です」というダイアログが表
 示されますので、[ はい ]をクリックします。

 ※再起動を行うことで、アンインストールが完了します。この点ご注意くだ
  さい。

 
| パソコン関連メモ | 20:30 | - | trackbacks(0) | -
Windows10のライセンス認証がはずれてしまった人へ
困ってるみんなへ@ぎゅわんです


Windows10になってライセンス認証が(細かいところで)変更になってしまい、漏れなく私も困りました。

今のWindows10は、パソコンパーツを(マザーボードなど大幅に)変更するとライセンス認証がはずれてしまいます。ではそのライセンス認証を戻すにはどうしたらいいのか?結論からいうと

1)Windowsのバージョンアップを行い
2)Windows10にする前のWindowsライセンスコード(Win7 or Win8.1)で認証をする

という手順で戻すことができました。
※エラーコード0xC004C003の場合です
参考元:http://aka.ms/w10lic



【1】現在のバージョンは?
まずはバージョンの確認をします。スタートを右クリックして、ファイル名を指定して実行を選択。




winver

と入力すると、下記の画面が出る。



バージョンが10.0になってる人はバージョンアップが必要。
バージョンが1511の人は【3】へ進んでください。



【2】バージョンアップ
下記のURLにアクセス

https://blogs.technet.microsoft.com/cs3_windows/2015/11/19/windows-10-web-windows-10-124/

上記サイトにしたがって、Windows10のバージョンアップをする
(アップデートソフトをダウンロードして、再インストールのような作業をします。時間かかるので注意)



【3】ライセンス認証をする
【1】の手順でバージョンを確認すると、下記のような1511というバージョンになってると思います。



あとは旧Windowsのライセンスコードでライセンス認証をするだけです。






これで画面右下の文字が消えます


 
| パソコン関連メモ | 11:35 | - | trackbacks(0) | -
Windows10で、LANドライバがインストール出来ない人へ
LANドライバがインストールできなくなった人へ@ぎゅわんです


うちのポンコツ@パソコンが、最近ネット接続が不安定で困っていた。
そこでLANドライバを更新しようと「アンインストール」した事からトラブルは発生した。

何度やってもLANドライバがインストール出来ない。
デバイスマネージャにはドライバとして入るが、最後のインストールで止まってしまい先に進まない。いろいろ調べたところ、Windows10には、ネットワークアダプター関連に不具合を抱えているらしい。

参考元:[Windows 10] ローカルエリア接続が表示されません

上記の回答によると
1)デバイスマネージャーの中にある「ネットワークアダプタ」に表示されるデバイスを全て削除する
2)Windowsを再起動



することで、正常にドライバがインストールするようになりました。
ちなみに上記画像にある「WAN Miniport」ってのは、うちに入ってるセキュリティソフトです。セキュリティソフトによっては一度アンインストールしないとダメです。

LANドライバがインストール出来ない人、ネットワーク接続に「ローカルエリア接続(イーサネット)」ってアイコンが出なくて消えちゃった人は、ネットワークアダプタのドライバを一度すべて削除してみてください。

ほんと参った参った…。
今回のWindowsはトラブル多すぎ…。

 
| パソコン関連メモ | 20:46 | - | trackbacks(0) | -
ルーターの排熱
原因は熱@ぎゅわんです


先月ぐらいからネットが時々不調で、YouTube系などの遅さは特に顕著でひどかった。
先日日記として書いたとおりプロバイダーにメールしてみたり、ルーターを外してみたり(ルーターを外したら絶好調)した結果、問題はルーター装置にあると判明した。
で、買い替えを検討しなきゃといくつか中古を漁りつつ「無線LANが無いのは不便」という事で、一時的にルーターを再設置してみた。ただ、設置場所を変更して熱が篭もらないようにしてみたところ…直った?かな。

最近のルーターは高性能で高速CPUを搭載していたりするのでとにかく発熱をする。もちろんメーカーも排熱を考えて設計しているんだろうけど、設置場所が悪いとエラーを起こすというのは(知識として)把握していたし、ルーター用のファンなんてモノもあるのは知ってる。

うちのはそんなに高性能でもないので「熱問題はないだろう」なんて思っていたが、こうして設置場所を変更して熱対策をしたら直ったところを見ると、おそらく熱問題だったんだろう。

ネットが遅い
LAN回線など不調

なんて時は、ルーターが熱いか確認して涼しいところに移動してみてください。
ひょっとしたら直るかもしれません。

…うーん…ルーター買わなくていいか。
ひとまず不具合も直ったし。



 
| パソコン関連メモ | 17:52 | - | trackbacks(0) | -
| 1/13PAGES | >>
Amazon
ネギ、振ってます
SEARCH THIS SITE.

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS